Another oneself

日 記 ・ 雑 記
諸般

・07.09/26 open (更新頻度不確定)

<web拍手>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アニメ予定 07年度冬期 

この地域で放送されるアニメ

日曜日
 *(ハヤテのごとく!  TV愛知:10:00)
 ・(しゅごキャラ!  TV愛知:06:30)
 ・(メイプルストーリー  TV愛知:08:30)

月曜日
 *シゴフミ  岐阜放送:01:35

火曜日
 *フルメタルパニック!(再放送)  岐阜放送:01:45
 *みなみけ~おかわり~  TV愛知:01:35
 *俗・さよなら絶望先生  TV愛知:02:05
 ・ARIA The ORIGINATION  TV愛知:02:35
 ・(獣神演武  TV愛知:03:35)

水曜日
 ・(素敵探偵ラビリンス  TV愛知:02:28)
 *狼と香辛料  TV愛知:03:28
 ・(もっけ  メ~テレ:02:43)

木曜日
 ・(レンタルマギカ  TV愛知:02:28)
 ・(DRAGONAUT -THE RESONANCE-  TV愛知:02:58)
 *(逆境無頼カイジ  中京TV:02:09)
 *GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-  中京TV:03:14
 ・のらみみ  CBC:01:45
 *PERSONA -trinity soul-  CBC:02:15
 *(CLANNAD  CBC:02:45)

金曜日
 *ロザリオとバンパイア  TV愛知:01:28
 *AYAKASHI  TV愛知:01:58
 *(バンブーブレード  TV愛知:02:28)
 *(灼眼のシャナII  CBC:02:25)
 *true tears  東海TV:03:27

土曜日
 ・破天荒遊戯  メ~テレ:03:15
 ・(キミキス pure rouge  TV愛知:01:58)
 *(天元突破グレンラガン(再)  TV愛知:02:58)
 ・(機動戦士ガンダムOO  CBC:18:00)

 ※時間概念は時計に合わせたもの
 ※*は視聴予定

レコーダーが使用できないリアルタイム組としては厳しい。
まず火曜。 フルメタと絶望、みなみけが被る。
恐らくフルメタ優先。
次に木曜。 カイジとペルソナが被る
恐らくカイジ優先。 CLANNADは最遅になりそうなのでBS視聴。
最後に金曜。 シャナとAYAKASHIが微妙。
CBCの時間変更が割かし多いため、どうなるやら。


・放送地域外でチェックしておきたい作品
 H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~
 君が主で執事が俺で

数少ないエロゲ原作アニメが避けられている気がするのは気のせい。




各作品に対する雑感

シゴフミ J.C.STAFF
 岐阜放送で放送とはこれまた珍しい。
 佐藤竜雄監督とシリーズ構成に大河内一楼。
 物語のベクトルは分からないが、相応に面白そうな予感。
 唯、JCだけに作画が不安。

みなみけ~おかわり~ アスリード
 あの童夢ということで期待していなかった前者が以外とツボる。
 そのキャラデザ、雰囲気に慣れてしまったから心配だ。
 監督含め色々と不利な状況からどう進むか。

俗・さよなら絶望先生 シャフト
 言わずもがな、独特な演出に期待。
 ところで、シリーズ構成に小黒祐一郎ってどういうことでしょう。

狼と香辛料 IMAGIN
 会社単独作品としては初となるのか。
 まあマッドハウスとの結びつきは相変わらずだが。
 怪物王女のような粗末なものにはしてほしくないね。
 しかし、巷の前評判をきく限り期待できそうにない。

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- アートランド
 原作不足の象徴。
 キャスト、スタッフ一新とはこれまた大胆な。
 失敗したら大変だ。
 取り敢えず、だーまえのEDには期待。

PERSONA -trinity soul- A-1 Pictures
 全くもってベクトルが掴めない。
 この作品に関する情報が少なすぎる。
 取り敢えず、音楽に期待とでもいっておくか。

ロザリオとバンパイア GONZO
 GONZO…。
 キャラデザ的にはGONZOりそうにないが、GONZOの汚名は高い。
 作品コンセプトも駄作色。
 取り敢えず、作画頑張りましょう。

AYAKASHI 東京キッズ
 デモムービーのほうが格好良いというのはどうなのか。
 物語としては無難な伝奇物ということで相応に面白くなるのか。
 戦闘シーンは頑張ってもらいたいね。

true tears P.A.WORKS
 此方も会社単独作品としては初となるのか。
 アニメのほうはやはり見事なまでに西村純二によって原作から改変される模様。
 ギャルゲー原作は一本道ならば成功する筈。

H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ 
 橘秀樹の初監督作品。
 スタッフ的にはそこそこなので金次第か。
 男である主人公を小清水亜美が演じるというのも見物。
 PVでは然程違和感なく。

君が主で執事が俺で A.C.G.T
 なぜが売り上げダントツトップだった通称きみある。
 原作の評判は批判的なものが多く、色々と惜しかったという感想が尤もか。
 そこでアニメ化に際しては原作シナリオを担当したタカヒロ本人が参戦。
 反省点を活かして汚名返上してもらいたいところ。




総括
 全体的にはアニメ本数が減少しているようで。
 やはり原作不足の象徴なのだろうか。
 まあ量より質なのは本音だが。
 ここはアニメオリジナル作品に期待したい。

 今期ではシゴフミ、H2O、絶望先生に期待。
 不利な状況であるみなみけおかわりも頑張ってもらいたいね。
 前期からの継続が多く見られるが、良い出来なのは半分程度。
 バンブーはそこそこ面白い。
 取り敢えず様子見で。
スポンサーサイト
[ 2007/12/29 06:29 ] 覚書 | TB(0) | CM(2)

Myself;Yourself 

2007年度秋期 全13話
公式サイト:http://www.anime-myyour.com/

監督:QZo
シリーズ構成・脚本:雑破業
キャラクターデザイン・総作画監督:平塚知哉
美術監督:高須賀真二
色彩設計:石黒けい
撮影監督:伊藤邦彦
音響監督:ハマノカズゾウ
音響制作:デルファイサウンド
音響効果:長谷川卓也
音楽:5zizz
企画:松本慶明、鈴木径男、志倉千代丸、渡辺正弘
プロデューサー:伊藤誠、楠原真理子、小柳路子、小谷哲子
アニメーションプロデューサー:石黒竜、鎌田肇
アニメーション制作:動画工房
製作:Myself ; Yourself製作委員会(マーベラスエンターテイメント、ハピネット、5pb.、ポニーキャニオンエンタープライズ)

キャスト:立花慎之介、小清水亜美、子安武人、金田朋子 ほか


【脚本】 … 60点
 序盤は無難な面白さがあったが、終盤は敷きすぎた伏線回収に手間取り堕落。
 全体的にスッキリとしない終わりなのが何とも言えない。


【作画】 … 65点


【演出】 … 65点


【音楽】 … 70点

 
【声優】 … 80点
 やや過大評価かもしれないが、ここが唯一の見所のような。
 全体的に人気の声優を集めており、男性では子安、女性は金朋が目立つ。
 やはり本当に金朋アニメだったかもしれない。
 彼女の演技力がなければ切っていたといっても過言ではない。


【満足度】 … 40点


【総評】 … 63点 D
 脚本で失敗している。 構成云々言う前に、纏め切れていないのが残念でならない。
 どのキャラも締めが甘かったことが否めない。
 主人公と正規ヒロインにおいては単なる傷の舐め合いカップル成立→10年後の流れはないわ。
 敢えて評価するならば裏の裏をかいて来る展開か。 お婆さん関連の演出は良かった。
 キャストでは金田朋子が良い味出している。
 彼女の為だけに見るというわけではないが、
 この作品の魅力の大部分が金田朋子にあることは否定できない。
[ 2007/12/29 02:54 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

ef - a tale of memories. 

2007年度秋期 全13話
公式サイト:http://www.ef-memo.com/

監督:大沼心
監修:新房昭之
シリーズ構成:高山カツヒコ
キャラクターデザイン・総作画監督:杉山延寛
美術監督:加藤恵
ビジュアル・エフェクト:酒井基
色彩設計:日比野仁
撮影監督:内村祥平
音響監督:鶴岡陽太
音響制作:楽音舎
音楽:天門、柳英一郎
音楽制作:
企画:川村明廣、酒井伸和、太布尚弘、及川武
プロデューサー:松田章男、数馬英治、金庭こず恵、シバタミツテル、久保田光俊
エグゼティブプロデューサー:関戸雄一
アニメーション制作:シャフト
製作:「ef」製作委員会(ジェネオンエンタテインメント、minori、ムービック、フロンティアワークス、シャフト)

キャスト:田口宏子、岡田純子、やなせなつみ ほか


【脚本】 … 85点
 平行して描かれる構成は素直に巧い。
 脚本も原作から良く圧縮できており、不満はない。


【作画】 … 85点
 多少人物に違和感を覚える時があったが、シャフトにしては頑張っていた。
 兎に角、背景の美しさは郡を抜いている。


【演出】 … 100点
 この作品に満点を付けずしてどの作品に満点を付けるのか。
 新房、シャフトを代表する独特の表現が濃縮された作品に仕上がっている。


【音楽】 … 95点
 流石天門。 地味に音楽もこの作品の魅力の一つである。
 各シーンとの相性は抜群。


【声優】 … 70点


【満足度】 … 90点


【総評】 … 88点 A
 まさに演出の極致といっても過言ではないこの作品
 内容自体は然程深くないのだが、その抑揚の少ない内容を盛り上げる演出が兎に角秀逸。
 そこらの戦闘シーンの盛り上がりは遥かに凌駕しています。
 また、構成も巧い。 ED導入は毎度毎度嘆息せざるを得ないほど。
 作画も動くところでは動き、何よりも背景が美しい。
 映像美という言葉で形容するに相応しい出来具合だ。
 しかし、この過剰な演出は賛否両論であり受け付けない者はとことん受け付けない。
 私のように新房の演出を好む者ならば一度は見ることを奨励する。
[ 2007/12/28 01:45 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

ご愁傷さま二ノ宮くん 

2007年度秋期 全12話
公式サイト:http://pc.webnt.jp/ninomiya/

監督:吉川浩司
シリーズ構成:渡辺陽
キャラクターデザイン・総作画監督:大河原晴男
美術監督:前田実
色彩設計:大西峰代
撮影監督:田中浩介
音響監督:岩浪美和
音響制作:グロービジョン
音楽:亀山耕一郎
音楽制作:コロムビアミュージックエンタテインメント
企画:安田猛
企画協力:工藤大丈、加藤麻裕子
プロデューサー:今本尚志、鈴木智子、武智恒雄、原田由佳
アニメーションプロデューサー:松嵜義之
アニメーション制作:AICスピリッツ
製作:安田猛、伊藤敦、小畑良治、酒匂暢彦、夏野剛、阿佐美弘恭、ご愁傷さま二ノ宮くん製作委員会

キャスト:間島淳司、門脇舞以、沢城みゆき ほか


【脚本】 … 55点
 考えるんじゃない、感じるんだ!
 基本バカゲー仕様です。
 シリアス面は飽く迄おまけとして見るべきです。


【作画】 … 65点
 キャラデザ、総作監が大河原晴男であるだけに鋭角です。
 しかし、この作品には良くマッチしてような気がします。
 全体的に安定度はないものの、8話の気合は素晴らしい。
 また、DVD修正も無駄に頑張りすぎ。


【演出】 … 65点


【音楽】 … 65点

 
【声優】 … 75点
 みゆきち大活躍。
 声優オタではないが、沢城みゆきのために見ても良いという程、彼女の存在は絶大。


【満足度】 … 50点


【総評】 … 63点 D
 正直、シナリオのほうは酷い。
 所詮シリアス面はお飾りでしかありません。
 8話を見た限り、スタッフがそう考えていることが十二分に理解できる。
 お色気作品としては良作でしょう。
 加えて、DVDの作画修正具合には感服。
 バカな作品としては面白かった。
[ 2007/12/27 14:04 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

もやしもん 

2007年度秋期 全11話
公式サイト:http://www.kamosuzo.tv/

監督:矢野雄一郎
シリーズ構成:高橋ナツコ
キャラクターデザイン:高岡じゅんいち
3DCG監督:八木竜一
美術監督:新田博史
色彩設計:山本智子
撮影監督:市川幸彦
音響監督:菊田浩巳
音響制作:楽音舎
音響効果: 森川永子
音楽:佐藤直紀
音楽制作:フジパシフィック音楽出版、ソニー・ミュージックエンタテインメント
企画:松崎容子
プロデューサー:中島寛朗、磯田敦仁、田中尚美、渡辺哲也、山本幸治
アニメーションプロデューサー:
アニメーション制作:
製作:もやしもん製作委員会(アスミック・エースエンタテインメント、講談社、白組、スカパー・ウェルシンク、ソニー・ミュージックエンタテインメント、電通、フジテレビ)

キャスト:坂口大助、斎賀みつき、西村知道、大原さやか ほか


【脚本】 … 75点
 綺麗に纏まっていたかな。
 魅力ある各々のキャラを巧く扱えていて良さげ。
 ギャグも微笑ましい。


【作画】 … 75点
 ノイタナミ枠だけあって全体的に安定度を維持。
 加えて白組による可愛らしい菌たちが良く映えていた。
 この使い分けが魅力的。


【演出】 … 70点


【音楽】 … 70点

 
【声優】 … 75点
 能登のああいった役も面白い。


【満足度】 … 65点


【総評】 … 72点 C
 ノイタナミ枠では過去最高の視聴率だったとかなんとか。
 それに見合うだけの面白さは十分ありましたね。
 特に美里、川浜が良いキャラしてます。
 他、愛らしいデザインの菌らもこの作品の魅力。
 白組による3DCGにした点が成功した尤もな理由のようにも思える。
 モラトリアムの生活を描く作品としては良作でしょう。
[ 2007/12/27 13:02 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

雑記 12/27 

・『ゼロの使い魔』第3シリーズ制作決定
 想定の範囲内。
 この駄作で最終回に能登起用なんて3期フラグ。
 それ以前にあの形で終了とも思えない。
 続きが気になるわけでは決して無いのだが。
 期待の欠片もしていないわけだが、ここまで来たら見るしかあるまい。
 他、スタッフが公開された後に考えるとしよう。




・『ひぐらしのなく頃に』第3期の制作決定
 これ以上、何を描けるというのだろうか。
 やはりアンソロジー的なものになるのかな。
 商業的成り行きということはだれもが理解しているので、期待はできない。
 2期を見終えて思ったが、スタッフのやる気が感じられない時点で問題。
 まあ多くは望みませんが。
 少しは工夫してみましょうよ。




・リトルバスターズ!エクスタシー
 なんというKey2.0
 ちょっとこのタイトル考えたやつ出てこい。
 麻枝氏がライター引退したためか、軽く革命起きてますね。
 こういったチャレンジャー精神は建設的に受け取るべきだと考えます。
 個人的には、当初18禁化に否定的な感情を抱いたが見守るべきかなと思っている。
 一概に批判するのはまだ早い。
 内容次第ですよ。 単なる金儲けという目的が表に出ていたら失望ですが。
 我々が納得のいく作品に仕上がるよう、頑張ってもらいたい。
 (そういえば、発売日に買っておきながらリトバス積んだままです…)




・業務連絡
 所用で昨今のコメント削除させて頂きました。
 かるび君メリークリスマス。
 する人もいないと思いますが、コメントは承認制に移行します。
 近頃、スパムが大量発生しているようで。

 加えて、自己満足にアニメ評価始めてます。
 各話の感想は別所でやっていますが、此方は総括したものを。
 単に過去作品視聴に意味を持たせたかっただけなので、内容の程は飽く迄一つの意見として。

 そろそろ来期アニメの視聴予定を立てなくてはならない。
 年末年始でいくらか遅れるのが有り難く思います。
 明日、明後日の内には適当に。
[ 2007/12/27 01:41 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

ナイトウィザード The ANIMATION 

2007年度秋期 全13話
公式サイト:http://www.nightwizard.jp/

監督:山本祐介
シリーズ構成:藤咲あゆな
キャラクターデザイン:下谷智之、みかきみかこ
魔王デザイン協力:ぽぽるちゃ
クリーチャーデザイン:安彦英二
MONOデザイン:渋谷一彦
服デザイン:みかきみかこ
総作画監督:下谷智之
美術監督:阿部幸恵
美術設定:松本浩樹
色彩設計:谷本千絵
撮影監督:和田尚之
音響監督:本山哲
音響制作:オムニバスプロモーション
音響効果:出雲範子
音楽:TAMAYO、濱田貴司
音楽制作:5pb.
企画:吉田博昭、沼生祐介、森ユキ、志倉千代丸
プロデューサー:皆川護、須藤奈穂美、鈴木健太、市川和弘
アニメーションプロデューサー:金子文雄
アニメーション制作:ハルフィルムメーカー
製作:NW.FP(HAL、TYO、キッズステーション、エンターブレイン、5pb.)

キャスト:矢薙直樹、宮崎羽入、渡辺明乃、後藤邑子 ほか


【脚本】 … 75点
 流石王道。 無難に面白い。
 加えてシリアスとギャグの配分が絶妙。


【作画】 … 70点
 比較的美しい。
 今期2作品を手掛けたハルフィルム、双方ともに上出来。


【演出】 … 70点


【音楽】 … 75点

 
【声優】 … 75点
 ゴットゥーザ様が適任過ぎて笑わざるを得ない。


【満足度】 … 60点


【総評】 … 71点 C
 まさに王道な作品。
 あまりにも典型的過ぎるが、そこが良い。
 堅物ゆえに無難な面白さが保障されているだけあって、無難に面白かった。
 恐らく、シリアス路線ばかりでは魅力がなかっただろう。
 それを補完しているのがギャグ。
 一貫したギャグがあり、そのおかげで最後は見事なまでに綺麗に終わった。
 ギャグとシリアスの配分においてはダントツな作品です。
 突飛した要素はないものの、普通に楽しめる良作。
 子供に見せたいアニメでもあります。
[ 2007/12/26 04:18 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

プリズム・アーク 

2007年度秋期 全12話
公式サイト:http://www.p-ark.tv/

監督:大張正己
アクション監督:鈴木藤雄
シリーズ構成:ほそのゆうじ
キャラクターデザイン:江端里沙
サブキャラクターデザイン:細田直人、浜崎賢一
メカニックデザイン:中北晃二
美術監督:井上一宏
美術:スタジオちゅーりっぷ
色彩設計:斉藤麻記
特殊効果:村上宣隆
撮影監督:山田和弘
3DCG:中島豊、真田竹志
音響監督:亀山俊樹
音響効果:村上大輔
音響制作:オムニバスプロモーション
音楽:遠藤成樹、Manack
音楽制作:5pb.
企画:岩崎篤史、松本慶明、志倉千代丸、大野哲也
プロデューサー:吉沼忍、古家知加子、小柳路子、関根良樹
アニメーションプロデューサー:金子逸人
アニメーション制作:FRONTLINE
製作:プリズム・アーク製作委員会(メディアファクトリー、マーベラスエンターテイメント、5pb.、ぺんしる)

キャスト:柿原徹也、榊原ゆい、水橋かおり ほか


【脚本】 … 60点
 ゲーム購入促進アニメとして受け取れば凡々。


【作画】 … 70点
 安定度は確かにないが嫌いではない。
 なぜならばベルカ式だからだ。
 この作品のおかげでベルカ式作画が好きになりました。
 斬新なカットやキレのある戦闘シーンは見物。


【演出】 … 70点
 遊び心満載で面白い。


【音楽】 … 75点
 Manackの音楽はやはり良い。
 戦闘シーンは作画と相俟って無駄に盛り上がる。

 
【声優】 … 70点


【満足度】 … 50点


【総評】 … 66点 D
 客観的に一つの作品として見ると酷い。
 あの回収不足な伏線の量は流石に詐欺だろうと。
 全体的に圧縮して、13話構成ならば纏まった気もしないでもないのだが。
 原作移植は決まっており、やはりゲーム購入促進アニメと考えるべきか。
 脚本は評価しがたい。
 取り敢えず、作画の面白さは評価します。
 ベルカ式作画が好みな方は視聴してみると良いかも。
[ 2007/12/26 03:56 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

D.C.II ~ダ・カーポII~ 

2007年度秋期 全13話
公式サイト:http://www.hatsunejima.com/dc2/

監督:岡本英樹
企画:松村和俊
シリーズ構成:雨野智晴
チーフシナリオライター:長谷川勝己
キャラクターデザイン:島沢ノリコ
サブデザイン:枡田邦彰
美術監督:小坂部直子
色彩原案:岩井田洋
色彩設計:油谷ゆみ
撮影監督:口羽毅
音響監督:菊田浩巳
音響制作:楽音舎
音楽:菊谷知樹、大久保薫
音楽制作:ランティス
プロデューサー:菊地克朋、宿利剛、川崎とも子、斎藤滋
制作プロデューサー:瀧ヶ崎誠
制作プロデューサー補:小松加奈
企画協力・制作:ガンジス
アニメーション制作:feel.
製作:ダ・カーポII製作委員会(CIRCUS、KING RECORDS、GANSIS、Lantis)

キャスト:浅沼晋太郎、堀江由依、あおきさやか ほか


【脚本】 … 55点
 天枷を受け入れるようになる契機がベタ過ぎて萎える。
 原作通りなのかもしれないが、もう少し練られなかったのかと。


【作画】 … 60点
 取り敢えず、及第点ということで。


【演出】 … 60点


【音楽】 … 70点
 主題歌は良曲。

 
【声優】 … 75点
 練りに練ったらしいキャスティングらしいが然程気にする事でも無いような。
 唯、あおきさやかがあんな声を出せるとは思わなかった。
 無駄に高すぎる声ばかりと認識していたもので。


【満足度】 … 40点


【総評】 … 60点 D
 これといった面白味がない。
 私が曲芸を食わず嫌いしているために、批判的にしか捕らえられないだけかもしれないが、
 魅力が感じられないんですよね。
 メインとされる天枷の話もベッタベタで感動もできない。
 無難に固めすぎている点が悪い。
 まあ原作が原作なだけに難しいのだろうが。
 色々と中途な作品でした。
[ 2007/12/25 04:43 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

スケッチブック 〜full color's〜 

2007年度秋期 全13話
公式サイト:http://www.sketch-full.net/

監督:平池芳正
監修:佐藤順一
企画:立石茂、吉田博昭、中村直樹、松本輝起、岩崎篤史
シリーズ構成・脚本:岡田麿里
キャラクターデザイン・総作画監督:杉本功
美術監督:田尻健一
色彩設計:坂本いづみ
撮影監督:伊藤邦彦
音響監督:鶴岡陽太
音響制作:楽音舎
音楽:村松健
音楽制作:flying DOG
プロデューサー:田頭伸哉、紅谷佳和、飯塚寿雄、淺香敏明、春田克典
アニメーションプロデューサー:金子文雄
アニメーション制作:ハルフィルムメーカー
製作:マッグガーデン、松竹、メディアファクトリー、TYO、AT-X

キャスト:花澤香菜、中世明日香、牧野由依 ほか


【脚本】 … 75点
 ほんわかラリホーアニメ。
 基本、和むがシュールな演出にも笑えた。
 猫ワールドのセンスは秀逸。


【作画】 … 75点


【演出】 … 75点
 猫の心理描写が面白い。


【音楽】 … 75点
 随分とこの作品にマッチしてます。
 主題歌も良曲。

 
【声優】 … 80点
 空を花澤香奈とか適任すぎる。
 他のキャスティングも面白い。
 音響は定番の鶴岡さんでした、この作品は声優の話題性より
 キャラとの相性を優先していたような気がした。


【満足度】 … 70点


【総評】 … 75点 B
 キャラクターの扱いが巧い。
 各々の個性、魅力を十分に引き出せたと思いますね。
 まったりした感じで通しても食傷されなかっただろうが、
 猫劇場を描いたのはやはり正解。 
 原作を再現しただけかもしれないが、あのシュールさは堪りません。
 この類の作品に必要な要素が分かってらっしゃる。
 まだストックはあるだろうから、是非二期を制作してもらいたいね。
[ 2007/12/25 04:23 ] アニメ | TB(1) | CM(0)

雑記 12/14 

・コードギアス2期 春期放送決定
 期待は期待なのだが、あの終わりからどう動くのやら。
 下手な作品にはならないことは確か。
 無駄に心配するのはよそうか。
 何にせよ、楽しみが増える事は嬉しい。




・もやしもん
 今更見始めたわけだが、地味に面白い。
 どこに惹かれるかという質問は難しいが、恐らくキャラが魅力的なのだろう。
 各々が良い味出してますからね。
 加えて菌の可愛さか。
 スイーツに好かれているのは微妙な心境だが、敢えてスルー。




・バンブーブレード#11
 友情出演 谷口悟朗(新人)
 ガンソ繋がりで倉田英之の仕業。 信憑性は如何に。
 アニメでアニメを語るというスタンスが素晴らしいぞ。
 谷口引退に関しては然程気にすることでもないだろうが、事実だったら作品が最速かよ。
 バンブーはこういった小ネタが効いていて面白い。
 それが無ければかなり薄い作品になるわけだが、現存しているから問題ない。
 後は2クールという長さをどう扱うか。
 軽いギャグアニメ感覚で毎度楽しみにしてます。
[ 2007/12/14 05:01 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

如月

Author:如月
[住処] 中部地方
[性別] ♂

[仕様] アニメ≧ゲーム>ラノベ

----------------------------
+リンクフリー
+相互リンク承諾
+感想記事は自己満足

タブメニュー
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。