Another oneself

日 記 ・ 雑 記
諸般

・07.09/26 open (更新頻度不確定)

<web拍手>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

雑記 01/25 

・2007年度冬期アニメ評価
 全て視聴継続予定の作品。
 大方3話まで視聴を終えています。
 降順で。

「PERSONA -trinity soul-」
 流石ほぼオリジナルアニメ。
 独特の世界観を描けていて作画も及第点。
 次回が気になる形で今期ではかなり楽しめている作品。
 以降の展開に期待したい。

「true tears」
 流石ほぼオリジナルアニメ(西村純二マジック)。
 作画という観点では今期トップ。
 丁寧な作りには感服させられる。
 このクオリティを維持し続けられれば、P.A.WORKS株化急上昇。

「俗・さよなら絶望先生」
 相変わらずアバンギャルドなシャフト作品。
 賛否両論ですね。いってしまえば。
 私はマンセーしてますので随分楽しめます。
 情報量の多さが魅力的。

「みなみけ~おかわり~」
 初見では1期とのベクトルの違いに違和感を感じざるを得なかったが、慣れれば受動可能。
 ギャグアニとしての安定した面白さが魅力的。

「シゴフミ」
 劣化地獄少女。
 生産性のない点は否定的になってしまうが、雰囲気作りは巧い。
 後は作画をどこまで頑張れるか。

「狼と香辛料」
 何気に裸体率トップだったり。全く持って嬉しくありませんが。
 基本、行商の話だがほんわかとしたムードもまた魅力的。
 如何に言葉の裏をみせるかが鍵か。

「ロザリオとバンパイア」
 懐かしいものを感じるお色気アニメ。
 あれですね。考えるんじゃない、感じるんだ!的な作品です。
 構成は王道でしょうけど、GONZOの割に作画頑張っているのは感心。
 逆に言えば作画が崩れれば魅力が薄れるので、最後まで頑張ってもらいたい。

「君が主で執事が俺で」
 パロとエロのコラボレーション。
 つよきすでこけただけに原作者介入で比較的良い出来を維持しています。
 終着が難関に思えるが、まあこのノリなら安心できるか。

「H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~」
 酷いわけではないのだが、魅力がない。
 重い題材も何だかどうでも良く感じてしまう。
 強調するところはしっかりしてもらいたいね。

「GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-」
 主題歌だけは否応無く今期トップ。
 だが、萌えに走った本編は悔やまれる。
 1期の出来が素晴らしかっただけに、変遷した原作に合わせたとはいえこれは酷い。
 キャストも合ってなくて、色々と微妙。

「破天荒遊戯」
 腐女子アニメかと思いきやそうではなかった。
 ぶっ飛び過ぎているわけだが、それも建設的に捕らえればテンポの良さを認識できる。
 意外と面白く退屈しないアニメです。

「AYAKASHI」
 コンテが力不足。
 シリアス、日常ともに同等のノリなんですよね。
 それ故に魅力を引き出せていない。
 全体的にチープな印象を受ける。
スポンサーサイト
[ 2008/01/25 16:37 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

GUNSLINGER GIRL 

2003年度秋期 全13話
公式サイト:http://www.gunslingergirl.com/1st/

監督:浅香守生
助監督:川村賢一
シリーズ構成:武上純希
キャラクターデザイン:阿部恒
総作画監督:阿部恒、石井久美
銃器デザイン:安田好孝
美術監督:池田尚
色彩設計:角本百合子
撮影監督:吉田崇弘
音響監督:平光琢也
音響担当:小川信寛
音響製作効果:西村睦弘
音楽:佐橋俊彦
企画:片岡義朗、佐藤辰男、丸山正雄、松本慶明
プロデューサー:浜野貴敏、吉本聡、渡辺和哉、大井守
アニメーションプロデューサー:
アニメーション制作:マッドハウス
製作:中山晴喜
製作会社:マーベラスエンターテイメント、フジテレビ

キャスト南里侑香、木内秀信: ほか


【脚本】 … 80点
 構成の巧さは評価するべきだろう。
 各々の義体の事情を知った上で得られる見解。
 これを普通に主張するわけではなく仄めかすことに意味があると考える。
 最後が最初に繋がる辺りも構成の趣を感じられる。


【作画】 … 75点
 ヨーロッパの街並みというものは良く描けており雰囲気を出せている。
 全体的に安定度がある作画で物悲しさも表現できている。
 しかし、何かが物足りない。
 この物足りなさが作品と巧くマッチしているのだろうが、
 これ以上評価するには作品に文句をいわなくてはならないのでこの点数が妥当だろう。
 銃器デザインは秀逸。


【演出】 … 80点


【音楽】 … 75点

 
【声優】 … 70点


【満足度】 … 65点


【総評】 … 74点 B
 客観的に一つの作品として評価すると丁寧に作られていて良かったと好意的に評価する。
 しかし、倫理的な面で受け付けないというのが本音だ。
 否、それがこの作品の魅力ともいえるのだろう。
 敢えてこの哀愁を表面化せず、背景を理解している者のみが分かってしまう構成が残酷。
 視聴後は暗く悲しい気分にならざるを得ない作品でした。
 それでも作品のクオリティは認めざるを得ませんが。
[ 2008/01/02 10:30 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:如月
[住処] 中部地方
[性別] ♂

[仕様] アニメ≧ゲーム>ラノベ

----------------------------
+リンクフリー
+相互リンク承諾
+感想記事は自己満足

タブメニュー
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。