Another oneself

日 記 ・ 雑 記
諸般

・07.09/26 open (更新頻度不確定)

<web拍手>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アニメ予定 2008年度春期 

基本的に期待度の高さで並べてありますが、中盤辺りからは概ね適当。
アニメ本数の減少は進むことなく。
以下、全て未視聴での雑感です。


コードギアス 反逆のルルーシュR2
 何かと一期は面白かったので、今期最も期待している作品。
 シリーズ構成、脚本ともに大河内氏単独らしいので伏線を回収し切れるのか心配。
 楽しめはするでしょうが、最終的にまとめられるのか怪しいところ。
 何れにせよ、楽しみである事に変わりはありません。


マクロス FRONTIER
 初のマクロスシリーズということで引け目を感じているわけですが。
 案の定、ギアス一期で副シリーズ構成、脚本を担っていた吉野弘幸氏はマクロスFに引っ張られると。
 ストーリーの行方は分かりませんが、音楽には期待。


ソウルイーター
 地味に気合の入った作品。
 五十嵐監督ということですが、雰囲気的にはDTB寄りでしょうか。
 主役二名に新人声優ということですが、どうなんでしょうね。
 棒子のように愛おしく思える人なら喜んで応援しますけど。
 レイトショーという試みは本編+おまけという構成らしいのでそちらを視聴予定。


RD 潜脳調査室
 プロダクションI.G×士郎正宗ということで攻殻を彷彿させる。
 設定のほうも攻殻とリンクする点があるようですから尚の事。
 しかし、キャラデザはどうにかならんのか。下半身がとてもむちむち。
 本編も無駄にハイクオリティーで崩れることなくむちむち維持するんでしょうね。
 リアリティという意味では良いのかな。


二十面相の娘
 『怪人二十面相』を基にしたコミックのアニメ化。
 単純に考えて風刺的な物語でしょうか。
 直感的に面白いと受信しました。


xxxHOLIC◆継
 前期同様の面子による二期。
 水島監督曰く、一期よりも原作に準拠した内容にするとのこと。
 別に漫画っぽい演出はしなくて結構なんですけどね。
 一期も楽しめたので、その雰囲気を大切に。


図書館戦争
 ノイタナミと原作の評判からして相応に楽しめるだろうと予測。
 これまたIG制作とのこと。


BLASSREITER
 板野さんなにやってんですか。
 案の定、マクロスFには参加しないようです。
 シリーズ構成に虚淵玄も入り、シナリオ自体は面白そう。
 唯、GONZOが調子に乗りすぎてCG乱用しそうで怖い。
 板野氏の出番がないような気がします。
 飽く迄冷静に作ってもらいたい所存。


アリソンとリリア
 マッドの本気が見られる作品かもしれません。
 しかし、全体的に古いと感じてしまいそうな予感。
 色々と時代遅れに思われる。
 それが良いのか悪いのかは見せ方次第。



 ロリですかそうですか。
 松尾衡監督作品ということで、今回もプレスコ方式採用。
 みゆきちを初め、キャストの演技力に注目が高まる。
 ブレインズ・ベース制作だから作画に不安が。
 第一話だけは素晴らしいクオリティを発揮してくれるでしょうけど......。


クリスタル ブレイズ
>制作が開始されるまでにも5年もの歳月を費した
 良い意味で解釈して、期待しちゃっていいのかな。
 レトロな雰囲気が何気に良さげ。
 キャストは鉄板。


秘密 ~The Revelation~
 あらすじに惹かれ。
 此方もマッドの本気が見られそう。


ゴルゴ13
 実は初のテレビアニメ化。
 私も知っているのは名前だけです。
 原作が原作なだけにアニメも頑張ってくれそうか。


隠の王
 ひのちゃまは不参加ですか。残念です。
 __と思っていたらしっかりいました。すみません。
 大人の事情があるとはいえ、第2回声優アワードサブキャラクター女優賞受賞の斎賀さんも出演。
 キャストは有名どころ。


狂乱家族日記
 ファミ通文庫10周年プロジェクト第一弾だそうな。
 ギャグアニメとしては楽しめそう。
 取り敢えず、エンディングに期待。


我が家のお稲荷さま。
 いつの間にか公式サイト出来てました。
 ZEXCS制作ということで最近だとレンタルマギカ寄りでしょうか。
 ケモノ耳ヒロインが多いですね。


To LOVEる
 昨年度では最も話題を呼んだコミックでしょうか。
 そちらの世界は詳しくないのであまり分かりませんが。
 典型的な考えるな、感じろ!作品であることに違いは無い。
 加戸誉夫監督作品では恐らく初めてのジャンル。
 どれだけ視聴者を飽きさせないで2クール続けてくれるか、ラブコメだからといって侮ってはならない。


かのこん
 視聴年齢有でAT-Xのみの放送となります。
 同じくXEBEC制作の『To LOVEる』同様、ビジュアル的なエロさに加え、シチュエーション的なエロさでも勝負か。
 キャストが面白いですね。
 このタッグは是非ラジオを聴いてムフフしませんと。


あまつき
 古橋一浩監督って、リアルドライブと兼任ですか。
 シリーズ構成・脚本も務めるということで、こちらが本命でしょうか。
 よく分かりませんが、双方ともにクオリティ低下だけは御免蒙りたい。
 原作者が脚本監修するということなので、破綻はしないかと。


絶対可憐チルドレン
 雰囲気的には前番の『ハヤテのごとく!』と同じでしょうね。
 つまらなくはないが、面白くも無いという。
 好い加減、厭きてきますよ。
 暇があれば視聴といったモチベーションで。


ヴァンパイア騎士
 生理的に受け付けそうに無いキャラデザ。
 アズラッタ様もとい西田亜沙子さんということで…まあ納得。
 女の子は普通に可愛いです。
 スケブの記憶が新しい佐山聖子さんの監督作品という点で注目。


モノクローム・ファクター
 紅優監督作品ということでシリーズ構成・脚本には河原ゆうじ氏。
 キャラデザがまたもや腐女子向けですが、シナリオ的には無難な印象。


ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~
 PCとTV同時視聴なんてできませんから。
 賀東招二氏をシリーズ構成・脚本に迎えるという点では期待できるが、全体的に時代遅れな雰囲気。
 何となくギャグは尽く滑りそうな予感。
 大体、毎回入浴シーンなんてどう考えても蛇足過ぎる。
 最終回は入浴シーンでハッピーエンドだったら失笑せざるを得ない。


D.C.II S.S. ~ダ・カーポII セカンドシーズン~
 はいはい。曲芸商法ですね、分かります。
 当初から決まっていたとはいえ、このスタイルも一種のビジネスですからね。
 キャラソンの売り上げ貢献にはなるんじゃないでしょうか。


S・A ~スペシャル・エー~
 特番見ましたが、主要キャストの皆さんの仲が良いことなんの。
 GONZO FESTA 2008 SPRINGでも伝わってきます。
 ヒロインを福山潤が演じるということですが、予想外に福山色が出てました。
 シナリオはまあ凡々といったところだろうから、キャストに注目。


純情ロマンチカ
 まさかのBLアニメ。
 今千秋監督といえばひぐらしですが、完全にベクトルは別方向。
 全くもって予想できないわけだが、これが意外にダークホースだったり。


仮面のメイドガイ
 CV:小山力也
 どう見てもお父さんです。本当にありがとうございました。
 迫井政行監督。どうしても怪物王女が思い出される。
 まあ全話見たわけではないので、変なこと言えませんが。
 ギャグとお色気で突っ走ってくれれば転けることもないか。
 視聴は言わずもがな、AT-Xで。


イタズラなKiss
 原作ファンにとっては朗報か。
 しかし、キャラデザが微妙過ぎる。
 公式に掲載するならもっと拘りましょうと。
 兎も角、視聴しないことには判断し兼ねる。




総括
 全体的に腐女子向けタイトルが目立つ。
 キャラデザだけならまだしも、BLなんてあるからそうも言ってられない。
 それは良しとして、『ネオ アンジェリーク Abyss』にはもうお手上げ。
 流石にここまで来ると、生理的に拒否してしまいそうです。

 それはさておき、春期ということでビッグタイトルは多い。
 ギアスにマクロスは別格として、RDは攻殻タッグで注目、ソウルイーターは地味に注目度が高かったり。
 前期に比べれば、お色気アニメも期待できる。
 特に注目が高いのはTo LOVEる、かのこんと今年のジーベックはエロス路線確定か。
 GONZOも頑張っているようだが、個人的には下請けやっていたほうが良いと思います。
 ニトロが付くBLASSREITER、AICと共同制作のSAは微かに期待しています、ドルアーガの塔は間違い無く転ると予想する。
 個人的注目会社のシャフト、京アニはお休みということで。
 前者はひだまり二期、後者はCLANNADアフターで多忙ですかね。
 兎にも角にも、この時期は気合の入った作品が多いため楽しみである。
 
スポンサーサイト
[ 2008/04/12 16:24 ] 覚書 | TB(0) | CM(0)

アニメ最終回 2007年度冬期 

 カイジやバンブー等は見終えてないので、順を追って追加。
 以下、降順で。

「逆境無頼カイジ」
 

「true tears」
 メタファーの処理を初めとした物語の核心を有耶無耶にされて消化不良気味な印象を受けるが、
 あらゆる点で丁寧に作られた作品だった。
 インパクトの無さゆえに名を馳せる事はないだろうが、堅実な作りは好評。
 主に作画という面で地方制作会社のPA.WORKSの次回作に期待したい。


「俗・さよなら絶望先生」
 兎に角、単純に面白さという観点ではトップ。
 どこまでも新房×シャフトな作品。
 OPのフィルム劣化演出なんて芸が細かい。
 情報量の多さで誤魔化しているのは周知だろうが、そこが魅力なわけで。
 ネタさえあれば話作れそうだから、どうぞ三期制作して下さい。
 その前にぱにぽにですか。
 

「狼と香辛料」
 黒田和也ということで不安がよぎったが、作画クオリティは及第点。
 まあ1クールということで当然といえばそうなるのか。
 話の方は普通に楽しめました。
 夫婦漫才とシリアスな駆け引きの雰囲気が巧く出せている。
 DVDの売り上げ次第で二期制作でしょうね。
 

「灼眼のシャナII」
 序盤の冗長な日常描写が酷い。
 あれさえ無ければ、更に高く評価していたものを。
 尺が余ったのなら面白いギャグや媚び演出で攻めてくれれば良い。
 まあシリアスなシーンの方が映えるのは事実だが。
 終盤はシナリオ、戦闘シーンの作画ともに良好でした。
 三期の可能性は高いが、この失敗は繰り返さないで貰いたい。
 

「シゴフミ」
 確かに楽しめたがスタッフの割にはという印象。
 後半のハートフルな物語は良かったが、最終回は失敗か。
 敷き過ぎた伏線を回収できなくて、殴り合いで誤魔化していたような。
 その伏線自体は魅力だったんだけど。
 また、伏線という観点では大河内氏脚本のギアス二期が心配。
 綺麗に纏めてくれるといいんですけど。
 

「H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~」
 驚きの叙述トリック。
 アニメでこれを仕掛けてくれるとは思っていなかった。
 その点においては高く評価している。
 しかし、最終回においてははやみを事故合わせる必要があったのかどうか疑う。
 インパクトはあったが、堅実に進めたほうが良かった気が。
 まあ最終的には視聴の解釈にお任せしますエンドだったわけだが。
 そういえば、solaでも花田十輝氏はそんな締め括りでしたね。
 何とも評価し難い出来だが、良作なのかな。
 

「バンブーブレード」
 

「ハヤテのごとく!」
 ある意味どこまでも無難に作られた作品。
 川口監督お得意の陽性な雰囲気で、肩の力を抜いて見る分には十分楽しめる。
 39話のサプライズなんかは絶賛したい。
 二期制作決定らしいが、時間があれば視聴ということで。
 

「ロザリオとバンパイア」
 何時の時代のお色気アニメだよと。(褒め言葉)
 此方も肩の力を抜いて見る分には十分楽しめた。
 原作者の要望を華麗にスルーしている辺りは何とも言えないが、
 それで成功しているから良かったといえるのか。
 兎にも角にも、エロチシズムは正義なのです。
 1クールおいての二期も視聴予定。
 

「GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-」
 初見では絶望に打ちひしがれていたのを思い出す。
 コミックは読まないので原作比較はできませんが、原作者による原作レイプなんて謳われていたり。
 流石に原作者が脚本を担っているだけあってか、処々の雰囲気といったものは良さげ。
 しかし、総括すると破局してしまう。 シリーズ構成の失敗でしょう。
 メインのトリエラ、ピノッキオ界隈にのみ主眼を置くべきだったと考える。
 一方で、主題歌は卑怯としか言いようがない。
 OPも好きですが、Liaのクリスタルボイスは最高でした。
 

「破天荒遊戯」
 展開が破天荒なんて言われたりもしたが、準ギャグアニメといったポジションなら合点が行く。
 準ということで、相応にシリアス要素も映えていたのは褒めるべきか。
 単に生産性の無いギャグを見ているよりは、ストーリー性に富んだ作品見てるほうが楽しいですからね。
 その点では十分に楽しめた作品だったと思う。
 あの最終回もこの作品らしいというのか、そんな解釈で納得できた。
 原作促進としても効果的だが、二期にも対応という商売上手。
 

「みなみけ~おかわり~」
 無印がおかわりを凌駕するなんて誰が考えていただろうか。
 当初は童夢制作ということで黒歴史だろうと予測されていた一期は予想外に面白かったが、
 一方の本命とされていたおかわりは幻滅という。
 まあそれほど酷評する必要もありませんが。
 全体的にキャラを把握しきれていない感があった。
 特にカナなんかは単なるうざい中学生に成り下がっている。
 また、オリジナルキャラである冬樹の存在意義は最後まで不明。
 視聴者の声を聞いて当初の予定を変更したなんて前代未聞な事を行っていたのなら、
 それはそれで評価しますけれども。
 その情報がない現在では、あまり好意的に解釈できない。
 やはり、”世知辛い現代社会に癒しを与える”といったコンセプトで進めるのが
 無難な道だったのではないでしょうか。
 

「君が主で執事が俺で」
 取り敢えず、タカヒロ氏による『つよきす』の挽回はできたんじゃないでしょうか。
 ゲームのアニメ化という観点だけで評価すると二重丸。
 唯、アニメとしてはまだ力不足。
 コンテが清々しいまでに酷い。けれど見てしまう。
 アニメとしては凡作ランク。
 揚羽アプローチ等、ゲーム促進アニメとしては良作でした。
 

「AYAKASHI」
 こんなアニメが生まれる現状を愁える。
 まずシリーズ構成で破綻。
 原作は各々のルートで話が確立しているんだから、態々他ルートに関わるな。
 エイムルートならそれで突っ走ってください。
 やはり、この手の原作アニメは促進アニメにするべきで。
 多少疑問が残る程度が良いんですよ。
 以下、アニメとしての質も掘り下げたいところだが無意味なので割愛。




総括
 全体的に二期、三期と継続できる作品が多いのは原作コンテンツ不足の象徴か。
 実際、ハヤテとロザバンは規定事項だったり。
 このアニメ量産の現代にどこまで対応できるのでしょうね。
 早く量産せざるを得ない現状を業界構造から改変していってもらいたいものです。
 まあ言葉で言う分には簡単なんですけど。

 冬期新作としてはtrue tearsがその丁寧さに注目され人気となりましたが、ビッグタイトルは御休みと。
 秋期からのガンダムOOがトップで、次にCLANNADといった辺りでしょうか。
 ガンダムは余裕があれば視聴したい所存。
 CLANNADはあまり評価が宜しくないようですが、まだ見終えていないので何とも言えません。
 個人的にはカイジがダークホースでした。 あの臨場感、緊迫感には思わず嘆息。
 二期決定にこれほど狂喜したのも久しい。
[ 2008/04/08 05:16 ] 覚書 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

如月

Author:如月
[住処] 中部地方
[性別] ♂

[仕様] アニメ≧ゲーム>ラノベ

----------------------------
+リンクフリー
+相互リンク承諾
+感想記事は自己満足

タブメニュー
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。