Another oneself

日 記 ・ 雑 記
諸般

・07.09/26 open (更新頻度不確定)

<web拍手>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

雑記 2008/05/29 

・例の規制法案
 まだ廃れてなかったんですね。
 本当にご老人方はインターネット産業を崩壊させたいのでしょうか。
 この法案がまかり通れば、どんな惨事になるかも予想できないとは困ったものです。




・アニメ雑記

クリスタル ブレイズ 第07話
 そういえば、ソフィア役って千葉さんだったんですね。
 駄作だからといって適当に見過ぎてました。
 こういう作品こそ本編そっちのけで視聴するべきなのかもしれません。
 みゆきちがいいキャラ。あの微妙な戸惑い演技は流石というべきか。
 因みに名前はキリエだそうな。
スポンサーサイト
[ 2008/05/29 04:01 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)

雑記 2008/05/27 

Intel、Core 2 Duo E8400/E8500をマイナーアップデート
 ニューマシンは暫く見送りかな。
 7月の価格改定もあるので、8月辺りにE8500で新しいのを。
 数ヶ月はこのセレロンで我慢ということで。




・アニメ雑記

マクロスF 第08話
 ニンジーンはマクロスフロンティアO.S.T.「娘フロ。」収録です。
 今回は3stとはいかず2stに回されたようで、まあ及第点といった辺り。
 本編は陽性なノリで、シェリルのイメージが破壊されていきましたとさ。
 一方でシリアス要素も欠かさず、ランカの不憫さに心が痛む。
 自分の目標でありながら壁であるシェリルに対して、ランカはどういった思いを抱いているのか。
 双方の対立の構図が巧いこと出来てます。
 ブレラとランカの邂逅。 やっぱりこの二人は肉親説が有力?
 未来人というのも現段階で最も有り得る可能性だし。
 しかし、あのシーンからシェリル転入オチは頂けないなあ。
 今回はギャグを前面に押し過ぎた感が否めない。
 シリアスなシーンはしっかりと区分してもらいたかった。
 次回はミハエルの悲しき過去編。幼なじみらしいクランとの関係も掴めそう。



コードギアス 反逆のルルーシュR2 第08話
 エリア11では制約が多すぎることを考えると亡命しかないのだろうけど、この発想はなかったわ。
 でも、今回は凝り過ぎていて面白くない節も否定できない。
 谷口作品の魅力である直感的な面白さ、燃える展開が今後も減りそうで怖い。
 まあ個人的には複雑な物語も好きなんだけどさ。
 といいつつも、やることはやってくれるぜ百万のゼロ。
 短時間で着替える百万人だとか、そもそも持ち込みの段階で
 といった突っ込みは野暮だと思える単純さは少なからず残っているので一安心。
 また、伏線もちらほら。
 ルルが咲世子さんに正体を明かしてましたが、何の意図があってのことなんでしょうか。
 単なる甘えとみると、どの方向への引き金となるか気になるところ。
 認めてもらえたことへの安堵を純粋に描きたかっただけかもしれないけど。
 ニーナに関しては間違いなくいらない子。
 いくら素晴らしい発明をしたとしても、私は淡白な反応しかできそうにない。
 後、メインはスザクにギアスが継続していたという点か。
 自らを犠牲に何かを成し遂げることが出来ないみたいな展開は今からでも待ち遠しい。
 専ら良くも悪くもスザクはスザクでいてくれるからキャラとして優れてるんだと思う。
[ 2008/05/27 03:57 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

雑記 2008/05/25 

・雑記
 アニメ感想またもや投下。
 暫く記事を書いてないためか、アニメ感想以外書けないという。
 取り敢えず、数年前から言われてるけど少女漫画は規制したほうがいいと思う。
[ 2008/05/25 17:11 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

雑記 2008/05/19 

・アニメ感想大量投入
 これは誤字脱字の確認をする気にもなりません。
 無駄にトップを破壊するのもあれなので、追記にて。
[ 2008/05/19 03:54 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

アニメ感想-初見- 2008年度春期 

もうそろそろ中盤ですが……意味もなくアップ。
第一話の感想と作品の感想が混合していますが、あしからず。
以下、降順で。




マクロス FRONTIER
 うわあ……。第一話のレベル高すぎですよ……末恐ろしい。
 映像部分はそれとして、やはり音楽が素晴らしい。
 単なるBGMではなく、音楽合ってこその盛り上がり。菅野信者ですいません。
 マクロスシリーズとしては初めての作品ですが、シリーズ未視聴でも問題は無さそう。
 お遊び要素的な具合で前作までのネタが入れられるそうな。
 言わずもがなな期待作なだけに、サテライト…頑張ってくれよ。


コードギアス 反逆のルルーシュR2
 なんだかなあ……。
 新たな顧客収集欲見え見えで応援する気になれないというか。
 どうせ一見さんお断りな内容になるだろうし、二期から一期の流れも時間帯変更ぐらいじゃ大差ないと思うんだけど。
 普通に客寄せとか考えずに、やりたいことやってほしいです。
 後、新キャラ多すぎですから。
 これだとマンネリ化した少年漫画みたいに、視聴意欲失せますよ…。
 まあそれは仕方がないことなので、脚本頑張れ!
 何れにせよ、一期が途轍もなく面白かったので期待はしている。


BLASSREITER
 序盤のCGレースのチープさには愕然としましたが、後半の戦闘を見る限りには流石GONZO。
 しかし、如何にCGの安っぽさを感じさせない演出が出来るかは終始の課題ではある。
 話としては中々に興味深さげ。
 人生のどん底ともいえる不幸の連鎖から這い上がったゲルトは主人公ではなく、新の主人公は単に傍観していただけの男だそうな。
 変身能力の対価を初め、バッド方向へのファクターは盛りだくさん。
 どこまで絶望を味わわせてくれるかも注目どころ。


RD 潜脳調査室
 あなたにリアルドライブ!……。
 攻殻の世界観を継ぐプロダクションI.G×士郎正宗による期待の新作。
 設定は攻殻と全く同じと考えていいのでしょうか。
 それだと世界観構築に時間を掛けないので一見さんはお断り?
 まあグダグダと解説されてもつまらないだけですが。
 攻殻ほどの名作にはならないとしても、水準は高いので以降も期待。


xxxHOLIC◆継
 OPを見てデジャビュを感じたのは自分だけじゃないはず。というか、全体的に良い意味で相変わらずな部分が多々。
 とはいっても、地味に変更箇所も多々ありまして。
 まず、漫画の構図を取り入れる点に関しては主にギャグパートで試みるようで。
 特に違和感もなく、乱れる心配はなさそう。
 前衛的なあのキャラデザも修正。あれはあれで好きでしたが、まあこのほうが重圧感を出せそう?
 前期では一話完結ベースでしたが、今期では蜘蛛の糸を軸に進行していくストーリーものとのこと。
 第一話からシリアスルート直行で、中々に興味深い。
 一見さんを重視してないように感じましたが、その方々は適当に予備知識つけとけばいいので人を選ぶ作品ではないと思います。
 何かといって視聴前では期待ランクトップ作品だったので以降も楽しみ。



 予想通り、初回は良い具合に作画アニメ。
 欧米プンプンなオサレOPやEDはあまり好きになれないが、本編は中々に見応えのある出来。
 当然のように次回以降は期待できず。
 プレスコ方式採用ということですが、それを踏まえた上で視聴したほうがリーズナブルに解釈できそう。
 雰囲気的に人を選ぶ作品になることは間違いないでしょう。


図書館戦争
 何ともタイムリー過ぎる設定に笑えない。
 まあ話自体はさしてディープなものではなく、女性を意識したものですが。
 メディア良化法初め、図書館の対立や武力闘争なんかの設定といったものは打っ飛び過ぎていて、冷静に考えると萎えるがなぜ許せてしまう。
 やはり作画水準の高さでしょうかね。
 アップで太線になる演出も個人的には好きだったり。
 取り敢えず、作画という面で魅せてくれれば寛容になれる気がします。


ソウルイーター
 やはり声優が。まあ五十嵐監督なので彼の趣向に付き合いましょうという意気で忍耐です。
 作画という点では今期最高ともいえるクオリティ。
 2話以降が危惧されるものの、それほど酷い状態になることはない筈。
 オープニングなんかは特に、コンテの技量には嘆息。
 レイトショーとは次回予告が異なる点でしたね。
 あー後、南社長画伯には唖然。


狂乱家族日記
 これは良い電波。
 このハイテンション振り、テンポの良さが面白い。
 藤村さんの演技が真髄といっても過言ではないでしょう。
 ギャグオンリーではなく、シリアスな要素も忘れないところは高評価。
 その為の凶華の性格や、ヒロインに対する主人公の性格等々、人物設定が巧い。
 放送局毎に異なるというエンディングも見所。


ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~
 クーパ可愛いよクーパ。 みなみけで新たな可能性を見せてくれた茅原さんに期待。
 しかし、表一話を地上波で放送した意図が掴めない。
 監督曰く、初回でここまで打っ飛んでおけば寛容な心で視聴して頂けるだろうとのことだが、Gyaoで表一話を放送していても話題になっていたような。
 流石に地上波であれば不味いだろう。
 といいつつも、期待している自分がいる。
 一話ほどの超展開はないらしいので、賀東氏の手腕に注目。


二十面相の娘
 期待に反して、若干フラットなストーリー。
 もう少し面白いトリックやら何やらが見れるのかと思ってましたが、そういう作品じゃないんですね。
 キャラデザも微妙と言わざるを得ない。
 作画のほうも「もやしもん」と比べると…。
 なんだか酷評ばかりですが、相対的には面白いといえます。
 唯、過度の期待は禁物といった具合に。


隠の王
 背景も音響も諸々も、いつものパターン。
 話としては無難な面白さ。
 初回でハッキリ線引きできていて次回への期待が生まれる。
 化けることはないにせよ、こういった普通に面白い作品を作れるのは強み。


秘密トップシークレット
 正直、肩透かしを食わされた気分だが地味に凄い。
 話としての面白さは言わずもがな、演出で微妙な雰囲気を巧くカバーできているなと。
 BGMがいちいち大袈裟過ぎるが、それがいい。
 次回以降、早過ぎるテンポをどうにかしてくれれば更に楽しめる。


ゴルゴ13
 渋い、渋すぎるよ。
 キャストに舘ひろしということでしたが、問題は無さそう。
 ヤっちゃってるシーンには思わずワロタwww
 あの顔はないわ。
 今期のマッドは本気である模様。
 名作なだけに話は面白いので視聴は継続。


仮面のメイドガイ
 だめだwww笑いが止まらないwww
 正直、CV:小山力也の時点で勝ちは決定。
 コミック媒体だと鬱陶しく感じるであろう台詞の長さも、アニメではテンポの良さに直結。
 あの眼力のシーンなんかは壺に嵌った。
 キャラデザが残念だが、それをカバーするだけのテンポの良さは認める。


あまつき
 OPでなのはを彷彿したのは自分だけじゃないはず。
 朴さんが珍しく女役ですよ。
 あまり期待してなかったものの、凡作並には面白いか。
 雰囲気の割には古橋監督ということで今後どう展開されるかも不確実ですし。
 化ける可能性が幾許か。暫くは視聴継続。


かのこん
 これは馬鹿らしい(=微笑ましい)
 川澄に喘がせるXEBECは好い加減自重しろw
 視聴年齢制限が入っているだけあって、今期の中ではエロストップ。
 以降もこの調子でどんどんはっちゃけてください。


アリソンとリリア
 NHKアニメ、NHKアニメ。
 取り敢えず、キャラデザを初めとして作画面はそれで言い訳。
 それにしても、このメンツで水樹奈々って浮いてるな。
 本格的に大物声優の仲間入りかもしれない。


To LOVEる
 TBS、好い加減SD画質止めてくれ。今期は2作品も惨事ですよ。
 何かと騒がれた原作のアニメ化ということで、まあ当然の路線。
 唯、エロければ良いな作品なのでマンネリ化が怖い。
 その辺り、アニメ媒体のメリットを巧く扱えるといいんだけど……。
 シチュで魅せるかのこんには劣ります。


クリスタル ブレイズ
 なんというレトロアニメ。
 流石に企画が五年前のことだけはある。
 話としてはSFということで無難な面白さ。
 1クールだけなら見ても良いかと思えるので視聴継続。


我が家のお稲荷さま。
 インパクトは薄いが、堅実な作品と捕れるか。
 そもそも、あの兄弟が妖怪云々に驚きを見せないのが何とも言えない。
 何れにせよ、ゆかなの声は良いな。
 今期の中では地味で無難なイメージがあるが、どういった路線で行くのやら。


絶対可憐チルドレン
 ハヤテよりはシリアス重視で面白い? まあ序盤だけか。
 全体的に前番のハヤテど同じ作りである為に、番組変わった気がしない。
 面白くは無いが、つまらなくもないという暇潰しに打って付けのアニメ。
 主人公は地味にこなた要素有。


ヴァンパイア騎士
 BLというよりは普通に腐女子向けというだけ。
 放送形態は変則2クールだそうな。
 特に面白いといえる点もないから、視聴に迷う。


モノクローム・ファクター
 案の定、BLでした。
 初めての諏訪部順一がアーチャーだったから違和感ありまくりです。
 まあこの種の役も多くやってらっしゃるわけですが、夢は心の奥に。
 本編は特に魅力を感じる事もなく。
 食傷されたようなネタですからね。
 何か面白い要素でも出してくれれば良いのだが。
 

D.C.II S.S. ~ダ・カーポII セカンドシーズン~
 特に書くことも無く。 主題歌は一期のほうが良さげ。
 あの夢落ちイベントは地味に好評だったそうな。


S・A ~スペシャル・エー~
 何となくテンポが悪い。 間の取りかたが下手。
 正直言って魅力がないので視聴継続に迷うところ。
 福山好きだから見ているといった感じで。
 シナリオ自体は淡々と話を進めて、最後は適当に纏めでしょう。


純情ロマンチカ
 これはエロイ(笑) 初回でイっちゃった。
 一つぐらいこの種のアニメがあっても、却って新鮮でいいかもしれない。
 花田光さんの声が何気に良さげ。
 唯、BLというジャンルのインパクトが面白かっただけなので、以降の失速が怖い。


イタズラなKiss
 いつの時代のアニメだよwww
 と全力で突っ込みたくなるような髪型、他。
 山田きのこの独特な声質も個人的に好き。
 冷静に見ると、何とも言いがたい出来ですが、この懐かしさに乗じてもう少しばかり視聴継続。


ネオ アンジェリーク Abyss
 なんでこんなの見てるんだろう。
 別に作品を批判するわけではありませんが、どう考えても私の趣味じゃない。
 この種の作品の視聴者対象が分からないな。




・総評
 今期のTBSは最強ですね。
 最も期待されているであろうギアスとマクロスという時点で予想できていたわけですが。
 そのギアスに関しては、アンチに洗脳されていたためか少々批判気味。
 話の面白さはずば抜けているので、その辺りは履き違えないように。
 マクロスはオレンジが良い仕事してくれてますね。
 今期のメカモノであるギアスは2D、マクロスは3Dという対照も両者に干渉しない利点だったり。
 春ということで面白そうな作品が盛りだくさんです。
[ 2008/05/18 16:36 ] 覚書 | TB(0) | CM(0)

コードギアス 反逆のルルーシュ 

2006年度冬期 全25話
公式サイト:http://www.geass.jp/

監督:谷口悟朗
副監督:村田和也
ストーリー原案:大河内一楼、谷口悟朗
シリーズ構成:大河内一楼
副シリーズ構成:吉野弘幸
# キャラクターデザイン原案:CLAMP
キャラクターデザイン:木村貴宏
ナイトメアデザイン:安田朗、中田栄治、阿久津潤一
メカデザイン・コンセプトデザイン:寺岡賢司
メインアニメーター:木村貴宏、千羽由利子、中田栄治、中谷誠一
総作画監督:
美術監督:菱沼由典
色彩設計:岩沢れい子
撮影監督:大矢創太
音響監督:浦上靖夫、井澤基
音響制作:AUDIO PLANNING U
音響効果:庄司雅弘
音楽:中川幸太郎、黒石ひとみ
企画:内田健二、竹田菁滋、川城和実
プロデューサー:諸冨洋史、河口佳高、峯岸卓生、湯川淳
アソシエイトプロデューサー:里吉純、稲垣浩文、細川修
アニメーションプロデューサー:
アニメーション制作:サンライズ
製作:毎日放送、サンライズ、コードギアス製作委員会(サンライズ、バンダイビジュアル、バンダイ、バンダイナムコゲームズ、博報堂DYメディアパートナーズ)

キャスト:福山潤、櫻井孝宏、ゆかな ほか


【脚本】 … 95点
 ここまで燃えるアニメもそうそうないだろう。
 確かに即物的といえなくもないが、谷口作品という理由で片付く些末な問題。
 かといって戦闘ばかりでなく、政治的な要素も織り交ぜられていたため、空っぽとも言い難い。
 一期を見た限りでは十分に満足できる出来だと思われる。
 また、一話と二十三話などが特徴的で、構成の巧さにも嘆息せざるを得ない。


【作画】 … 85点
 キャラデザレベルの批判は敢えてしません。
 完璧とは言えないものの、流石といえるクオリティ。
 ナイトメアはCG使ってませんが、手書きならではの動きも魅力的。
 その他、構図への拘りも感じる。


【演出】 … 85点


【音楽】 … 85点
 黒石ひとみさんの曲が素晴らしい。
 特に例の残酷なシーンでの「Innocent Days」の効果は秀逸でした。
 中川幸太郎氏の曲も燃える演出に不可欠な要素。

 
【声優】 … 85点
 福山潤、若本規夫の御二方はとりわけ他に適任がいないんじゃないかと。
 殊更、若本様は声の具現ではありませんか。
 演技としては福山さんに感服するばかり。


【満足度】 … 95点


【総評】 … 88点 S
 良くも悪くもいつもの谷口作品。
 とはいっても、この人気からするに何かしら違いはあるわけで。
 その最もたるところはルルーシュという厨二キャラにあるのでしょう。
 厨二、厨二と馬鹿にしながらも、格好良さには憧れてしまうのです。
 また、純粋な燃える格好良さに加え、以前の谷口作品より複雑な物語にも魅力を感じる。
 国に挑む青年主人公ということで、政治上の問題が特に挙げられます。
 某名作ほどの二重構造ではないにせよ、単純に燃える要素も健全なのは凄い。
 しかし、この面白さと引き換えに複雑化したストーリー収束のハードルが高くなったのもまた事実。
 これをリーズナブルに終結させてこそ新の実力というもの。
 その時はアニメ史に名を残す名作となること間違いなしでしょう。
 何れにせよ、一期を見た感想としては陳腐ながらも純粋に素晴らしいという一言で終えさせて頂きます。
[ 2008/05/18 11:11 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:如月
[住処] 中部地方
[性別] ♂

[仕様] アニメ≧ゲーム>ラノベ

----------------------------
+リンクフリー
+相互リンク承諾
+感想記事は自己満足

タブメニュー
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。