FC2ブログ

Another oneself

日 記 ・ 雑 記
諸般

・07.09/26 open (更新頻度不確定)

<web拍手>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

こどものじかん 

2007年度秋期 全12話
公式サイト:http://www.kojika-anime.com/

監督:菅沼栄治
シリーズ構成:岡田麿里
キャラクターデザイン・総作画監督:石川雅一
レイアウト監修:こはらまこと
美術監督:川本亜夕
美術デザイン:金平和茂
カラーコーディネイト:高谷知恵
撮影監督:高橋賢司
音響監督:岩浪美和
音響制作:ドリームフォース
音響効果:斎藤みち代
音楽:西田マサラ
音楽制作:ランティス
企画:森本浩二、井上俊次、太布尚弘、島野浩二
プロデューサー:轟豊太、木戸健介、萩原大輔、野中郷壱、里見哲朗
アニメーション制作:スタジオバルセロナ
製作:こどものじかん製作委員会(バンダイビジュアル、ランティス、ムービック、双葉社)

キャスト:間島淳司、喜多村英梨 ほか


【脚本】 … 70点
 ロリというオブラートに包まれたその本質は教育問題。
 一応はその題材を料理できていたと褒めるべきか。
 媚び演出も然程苦にならなかった。
 れいじというキャラの扱いも中々に魅力的だった。
 教育問題に立ち向かう為のご都合主義要因としてだけではなく、
 しっかりとした背景が描かれた事は好印象。
 あの話だけで涙腺が緩みかけたのは事実。
 唯、別段印象に残るわけでもなく凡作止まり。
 

【作画】 … 70点
 キャラの表情が中々に良さげ。
 しかし、「規制規制の地上波に比べDVDは……!」
 と期待していたある種の性癖をお持ちの方々を落胆させるのは宜しくない。
 作画という点からはやや逸れるが、あれでは本当に一種の商法。
 やるなら、原作同様限界への挑戦をしてもらいたいもの。


【演出】 … 70点
 れいじの描写は巧い。


【音楽】 … 65点

 
【声優】 … 70点

 
【満足度】 … 50点


【総評】 … 66点 D
 当初は放送局が二局にまで絞られ、どうなるのやらと思われた当作品。
 基本は教育問題という観点で作られていたため、幾分か重い話となった。
 まあ媚び、ギャグ調が基本といえなくもないが。
 おまけとしてではなく、メインとして確立していた点では成功といえる。
 といっても脱線しているれいじ界隈の話が最も感動的であるという事実は否めない。
 兎にも角にも、綺麗に作られた作品であることに違いは無い。
 教育問題がメインであるため、ロリ視点での過度な期待は禁物。

 
スポンサーサイト
[ 2008/03/18 04:31 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

如月

Author:如月
[住処] 中部地方
[性別] ♂

[仕様] アニメ≧ゲーム>ラノベ

----------------------------
+リンクフリー
+相互リンク承諾
+感想記事は自己満足

タブメニュー
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。