FC2ブログ

Another oneself

日 記 ・ 雑 記
諸般

・07.09/26 open (更新頻度不確定)

<web拍手>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アニメ最終回 2007年度冬期 

 カイジやバンブー等は見終えてないので、順を追って追加。
 以下、降順で。

「逆境無頼カイジ」
 

「true tears」
 メタファーの処理を初めとした物語の核心を有耶無耶にされて消化不良気味な印象を受けるが、
 あらゆる点で丁寧に作られた作品だった。
 インパクトの無さゆえに名を馳せる事はないだろうが、堅実な作りは好評。
 主に作画という面で地方制作会社のPA.WORKSの次回作に期待したい。


「俗・さよなら絶望先生」
 兎に角、単純に面白さという観点ではトップ。
 どこまでも新房×シャフトな作品。
 OPのフィルム劣化演出なんて芸が細かい。
 情報量の多さで誤魔化しているのは周知だろうが、そこが魅力なわけで。
 ネタさえあれば話作れそうだから、どうぞ三期制作して下さい。
 その前にぱにぽにですか。
 

「狼と香辛料」
 黒田和也ということで不安がよぎったが、作画クオリティは及第点。
 まあ1クールということで当然といえばそうなるのか。
 話の方は普通に楽しめました。
 夫婦漫才とシリアスな駆け引きの雰囲気が巧く出せている。
 DVDの売り上げ次第で二期制作でしょうね。
 

「灼眼のシャナII」
 序盤の冗長な日常描写が酷い。
 あれさえ無ければ、更に高く評価していたものを。
 尺が余ったのなら面白いギャグや媚び演出で攻めてくれれば良い。
 まあシリアスなシーンの方が映えるのは事実だが。
 終盤はシナリオ、戦闘シーンの作画ともに良好でした。
 三期の可能性は高いが、この失敗は繰り返さないで貰いたい。
 

「シゴフミ」
 確かに楽しめたがスタッフの割にはという印象。
 後半のハートフルな物語は良かったが、最終回は失敗か。
 敷き過ぎた伏線を回収できなくて、殴り合いで誤魔化していたような。
 その伏線自体は魅力だったんだけど。
 また、伏線という観点では大河内氏脚本のギアス二期が心配。
 綺麗に纏めてくれるといいんですけど。
 

「H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~」
 驚きの叙述トリック。
 アニメでこれを仕掛けてくれるとは思っていなかった。
 その点においては高く評価している。
 しかし、最終回においてははやみを事故合わせる必要があったのかどうか疑う。
 インパクトはあったが、堅実に進めたほうが良かった気が。
 まあ最終的には視聴の解釈にお任せしますエンドだったわけだが。
 そういえば、solaでも花田十輝氏はそんな締め括りでしたね。
 何とも評価し難い出来だが、良作なのかな。
 

「バンブーブレード」
 

「ハヤテのごとく!」
 ある意味どこまでも無難に作られた作品。
 川口監督お得意の陽性な雰囲気で、肩の力を抜いて見る分には十分楽しめる。
 39話のサプライズなんかは絶賛したい。
 二期制作決定らしいが、時間があれば視聴ということで。
 

「ロザリオとバンパイア」
 何時の時代のお色気アニメだよと。(褒め言葉)
 此方も肩の力を抜いて見る分には十分楽しめた。
 原作者の要望を華麗にスルーしている辺りは何とも言えないが、
 それで成功しているから良かったといえるのか。
 兎にも角にも、エロチシズムは正義なのです。
 1クールおいての二期も視聴予定。
 

「GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-」
 初見では絶望に打ちひしがれていたのを思い出す。
 コミックは読まないので原作比較はできませんが、原作者による原作レイプなんて謳われていたり。
 流石に原作者が脚本を担っているだけあってか、処々の雰囲気といったものは良さげ。
 しかし、総括すると破局してしまう。 シリーズ構成の失敗でしょう。
 メインのトリエラ、ピノッキオ界隈にのみ主眼を置くべきだったと考える。
 一方で、主題歌は卑怯としか言いようがない。
 OPも好きですが、Liaのクリスタルボイスは最高でした。
 

「破天荒遊戯」
 展開が破天荒なんて言われたりもしたが、準ギャグアニメといったポジションなら合点が行く。
 準ということで、相応にシリアス要素も映えていたのは褒めるべきか。
 単に生産性の無いギャグを見ているよりは、ストーリー性に富んだ作品見てるほうが楽しいですからね。
 その点では十分に楽しめた作品だったと思う。
 あの最終回もこの作品らしいというのか、そんな解釈で納得できた。
 原作促進としても効果的だが、二期にも対応という商売上手。
 

「みなみけ~おかわり~」
 無印がおかわりを凌駕するなんて誰が考えていただろうか。
 当初は童夢制作ということで黒歴史だろうと予測されていた一期は予想外に面白かったが、
 一方の本命とされていたおかわりは幻滅という。
 まあそれほど酷評する必要もありませんが。
 全体的にキャラを把握しきれていない感があった。
 特にカナなんかは単なるうざい中学生に成り下がっている。
 また、オリジナルキャラである冬樹の存在意義は最後まで不明。
 視聴者の声を聞いて当初の予定を変更したなんて前代未聞な事を行っていたのなら、
 それはそれで評価しますけれども。
 その情報がない現在では、あまり好意的に解釈できない。
 やはり、”世知辛い現代社会に癒しを与える”といったコンセプトで進めるのが
 無難な道だったのではないでしょうか。
 

「君が主で執事が俺で」
 取り敢えず、タカヒロ氏による『つよきす』の挽回はできたんじゃないでしょうか。
 ゲームのアニメ化という観点だけで評価すると二重丸。
 唯、アニメとしてはまだ力不足。
 コンテが清々しいまでに酷い。けれど見てしまう。
 アニメとしては凡作ランク。
 揚羽アプローチ等、ゲーム促進アニメとしては良作でした。
 

「AYAKASHI」
 こんなアニメが生まれる現状を愁える。
 まずシリーズ構成で破綻。
 原作は各々のルートで話が確立しているんだから、態々他ルートに関わるな。
 エイムルートならそれで突っ走ってください。
 やはり、この手の原作アニメは促進アニメにするべきで。
 多少疑問が残る程度が良いんですよ。
 以下、アニメとしての質も掘り下げたいところだが無意味なので割愛。




総括
 全体的に二期、三期と継続できる作品が多いのは原作コンテンツ不足の象徴か。
 実際、ハヤテとロザバンは規定事項だったり。
 このアニメ量産の現代にどこまで対応できるのでしょうね。
 早く量産せざるを得ない現状を業界構造から改変していってもらいたいものです。
 まあ言葉で言う分には簡単なんですけど。

 冬期新作としてはtrue tearsがその丁寧さに注目され人気となりましたが、ビッグタイトルは御休みと。
 秋期からのガンダムOOがトップで、次にCLANNADといった辺りでしょうか。
 ガンダムは余裕があれば視聴したい所存。
 CLANNADはあまり評価が宜しくないようですが、まだ見終えていないので何とも言えません。
 個人的にはカイジがダークホースでした。 あの臨場感、緊迫感には思わず嘆息。
 二期決定にこれほど狂喜したのも久しい。
スポンサーサイト
[ 2008/04/08 05:16 ] 覚書 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

如月

Author:如月
[住処] 中部地方
[性別] ♂

[仕様] アニメ≧ゲーム>ラノベ

----------------------------
+リンクフリー
+相互リンク承諾
+感想記事は自己満足

タブメニュー
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。