FC2ブログ

Another oneself

日 記 ・ 雑 記
諸般

・07.09/26 open (更新頻度不確定)

<web拍手>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ef - the latter tale. 

ブランド:minori
発売日:2008年5月30日
企画:酒井伸和
監督:御影
原作・シナリオ:御影、鏡遊
原画:七尾奈留、2C=がろあ
音楽:天門、柳英一郎
声優:安玖深音、まきいづみ、山田ゆな、伊香川椎音、安芸怜須ケン、壬生中将...


【シナリオ】……15/18
<シナリオ...7/8、テキスト...4/5、設定...4/5>
 前作の面影はあるものの、確実に前作とは異なった路線。
 全章通して生き方(幸せ探し)に触れられてますが、後編においては
 死生観がテーマとして扱われているため、より一層重みや厚みのある物語へと仕上がっている。
 抽象的な表現で的確に物事を掴む文章は、作品の重厚さを形作っています。
 意識して読み進めていると、何気に良い台詞ばかりで驚かされることもしばしば。
 また、綿密な設定に基づいた各シナリオの関連性は評価できる点。
 とりわけ街の設定に関しては、伏線によって知らず蓄積されていた違和感や疑問が
 唐突に解決されるという衝撃を受け、話の作り込みに感心した。

【サウンド】……13/15
<ボーカル曲...5/6、BGM...6/6、SE...2/3>
 ボーカル曲は相変わらず歌唱力が今一つだが、まあ良い曲。
 BGMに関しては質、量ともに絶賛できるレベル。
 前編、アニメ版からの使い回しもあって総数は100曲近く。
 新曲は40曲ほどで曲調が派手過ぎる気がしないでもないが、綺麗な曲ばかり。

【グラフィック】……13/13
<CG...6/6、キャラクターデザイン...4/4、ムービー...3/3>
 前作同様、この項目だけは満点以外の選択肢がない。
 今後、この作品以上のクオリティが見られるとも思えません。
 ムービーに関してはOPに新海誠、EDに大沼心(SHAFT)。
 OPはバカだと言いたくなるほどの作り込み。

【システム】……4/6
<システム...2/3、デザイン...2/3>
 基本的に前作同様。
 強制オートモードも演出の一環と建設的な見方をしたい。

【キャラクター】……6/10
<キャラクター...2/4、CV...3/4、人気...1/2>
 火村さんの声が中々に良さげ。

<満足度...5/6、オススメ度...5/6>

【総評】……85/100  S
 総じて圧倒的なクオリティで作りこまれた、圧倒的な完成度を誇る作品。
 流石に誇張表現ではあるが、スタッフの熱意もとい執念が切に伝わってくるのは事実。
 確かにシナリオそれだけでは名作と評される作品に引けを取る。
 しかし、グラフィックを初めとする諸要素を含めると、そうそう右に出る作品はないだろう。
 かといって、シナリオが枷になっているワケでもなく、確実に良作以上の出来だと思います。
 テーマとされる「幸せ探し」、人々の生き方だけでも十分感動させる面白さがあるはず。
 練りに練られた構成が物語の関連性を生み、
 最後は「ef - a fairy tale of the two.」というタイトル通りに本当に美しくまとめられている。
 どこまでも丁寧に作られているが故に、シナリオとしての魅力が理解しがたいのだけれど、
 だからこそ確固とした世界観が描かれている完成された作品です。
スポンサーサイト
[ 2008/08/28 16:39 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

如月

Author:如月
[住処] 中部地方
[性別] ♂

[仕様] アニメ≧ゲーム>ラノベ

----------------------------
+リンクフリー
+相互リンク承諾
+感想記事は自己満足

タブメニュー
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。